意外と知らされない産廃物の破砕処理方法とその過程

環境

破砕にかかる費用

自然

産業廃棄物の処理は、その種類や処理方法によって費用は異なります。その費用を前もって確認したいのであれば、インターネットを利用することで無料で見積りを出してもらうことが可能です。

詳しくはコチラ

リサイクルでエネルギー

住宅

世界には大量の廃油が存在していますが、そんな廃油はリサイクルが可能です。実際に、廃油をリサイクルして使用している国もたくさん存在しています。その一つに、中国があげられます。

詳しくはコチラ

専門業者で廃棄物を撤去

住宅

清掃や施設のリフォームなどで産業廃棄物が発生した場合は、産業廃棄物を処理する専門業者に回収を依頼しましょう。また埼玉では産業廃棄物の回収だけでなく、施設の撤去や清掃もしてくれる専門業者が存在しています。

詳しくはコチラ

産廃物の処理の仕方

産廃の破砕をしっかりとおこなってくれる製品がコチラで購入、もしくはレンタルができます。作業現場をより快適にしてくれます。

産廃物の種類と処理工程

住宅

産廃物とは、産業廃棄物の略です。燃えかす、汚泥、廃油、廃酸、ゴムくず、ガラスくず、廃アルカリ、鉱さい、がれき類、破砕が必要な廃プラスチック類など、19種類とその処理物の事を言います。ただし、紙くず、木くずは業種指定されていて、一般廃棄物となります。日本の産廃物の処理割合は、5割程度が再生利用されており、残りの3割が中間処理で破砕されるなどで減量化され、あと1割が最終処理となります。また産廃物の処理の流れですが、発生をできるだけ抑え、発生したものは再利用をすることにより、資源をできるだけ無駄なく利用します。発生から排出までの工程で再利用したり、その後、分類や保管し、数段階を経て最終処分となります。産廃物において、破砕などを行う、破砕など手を加える中間処理と最終処分のみを処分と分類しています。

廃棄物の処理方法について

産廃物とは事業所などで出た廃棄物ですが、もちろん一般廃棄物と一緒に廃棄することはできません。紙くずや木くずは例外となりますが、それ以外のものは産業廃棄物として扱われます。家庭から出たゴミは市町村の責任のもとに処理されていますが、産業廃棄物の場合は排出事業者に責任があります。一般廃棄物とは法的に取り扱いが違うため一般廃棄物用の処理施設では処分できません。産業廃棄物の処理、処分のみを許可を得ている業者に委託するようになっています。許可を得ている業者は、産廃物を分類し、安全に処理、処分するよう努めます。プラスチック類などで再利用ができない場合などには粉砕してできる限り産業廃棄物の量を減らす努力をします。